新築・中古の素敵な物件

マンションの諸経費はいくらか

マンションを購入する際には、マンション本体の代金以外にも様々な諸経費が生じます。具体的には、売買契約の印紙税、ローン契約手数料、保証料などです。さらに、マンション登記の手数料、登録免許税、不動産取得税なども別途必要ですまた、すぐに新居に移りたいのであれば、あらかじめ引越代金や新調する家具などの購入費用も用意しておかなくてはなりません。いずれも入居前に現金で支払う必要があるものばかりなので、マンションを購入する際は必ず諸経費を考慮したうえで頭金を算出しましょう。

 

もちろん物件によって諸経費に差はありますが、目安としてはマンション価格の3・%とお考えください。例えば、3000万円の物件であれば、100万円から150万円ぐらいは諸経費を準備しておいた方が良いでしょう。ただし、リフォームや修繕の費用が加算されると、諸経費は途端に数百万円規模の出費になります。また、マンションの購入代金やローン手数料などには消費税もかかるので、余裕をもってお金を準備するようにしてください。

 

必要であれば、諸経費を銀行などの金融機関で借りることも検討してください。諸経費をローンで貸してくれるサービスは豊富に存在します。ただし、ローンを組むためには、その金融機関で住宅ローンを利用するか、住宅金融公庫を利用することが条件となる場合が多いです。当然、諸経費の分までローンで返済することになりますから、毎月の返済額は大きくなります。やはりしっかりとした返済プラン立てたうえでのご利用をおすすめします。

マンションを購入して投資する

これからマンションを購入した場合、自分で住まいとして利用する『実需』と他人に住んでもらい賃貸収入を得る『マンション投資』の2種類の使い方があります。

 

投資と聞くとちょっと敷居が高いですが、最近ではマンション投資の情報もかなり手軽に手に入るようになり若い方(女性も含む)でもチャレンジする人が増えているようです。

 

主な注意点としては、自分の年収に見合った物件価格や賃貸として需要が高い物件を選ぶなど、自分の目的と背丈に見合ったマンションをいかに見つけるか?という点です。この辺りは上記のサイトを始めとして、不動産会社などで相談してみても良いでしょう。

恵比寿の賃貸を探すときのポイント

高級住宅地として有名な恵比寿。美味しい食べ物のお店やショッピングが楽しめてとても人気のある街として有名ですね。賃貸マンションなどを見てもデザイナーズ物件なども多く、やはり他の地域とはひと味違います。

 

そんな恵比寿ですが、物件を探すときのポイントはどこでしょうか?恵比寿の賃貸Lifeというサイトがあるのですが、このサイトを参考にお答えするとこういった家賃が高い地域の場合、駅からの近さか家賃を優先させて環境を重視するかといったところが物件選びのポイントになります。